自分に合ったシミ取り治療法を見つけて綺麗なお肌を取り戻そう

  1. ホーム
  2. シミそばかす肝斑の違い

シミそばかす肝斑の違い

鏡を見る女性

シミとそばかすの違いってなんだろう

シミとそばかすは一見同じように見えます。どちらがシミでどちらがそばかすなのか、何がどう違うのか、わからない人は多いのです。しかし、シミとそばかすは全くの別物なのです。まず、シミは紫外線によるダメージの積み重ねや加齢、ニキビ跡の炎症などによって現れる、後天的なものです。若いころに浴びた紫外線の影響やなどが蓄積され、特に30代以降の方にシミはできやすいといわれています。顔だと額や頬、目の周りなどにできやすく、身体だとよく紫外線を浴びる腕や背中にできやすいです。主なシミ解決方法としては、クリニックでのシミ取り治療が挙げられます。一方そばかすは、遺伝的な要素が強く、小さな子どもにも現れます。そばかすは主に頬と鼻によく現れ、しみよりも斑点がとても小さく、散らばるように現れます。そばかすは、お肌の色が白い人に多く、特に白人の方は特にそばかすができやすいのです。そして、シミ取り治療が可能なように、そばかすもクリニックで治療が可能なのです。シミは紫外線などの影響によって、のちに現れてくるものですが、そばかすは紫外線の影響を受けると色が濃くなるということが特徴です。

一般的なシミよりガンコな肝斑とは

シミの一種で「肝斑」(かんぱん)と呼ばれるものがあります。あまり認知度が無く聞きなれないですが、実は中年女性の半分以上の顔には肝斑があるといわれています。肝斑とは顔面に現れることがほとんどで、こめかみ部分や両側の頬骨あたりに発生しやすいといわれています。まれに、あごや眉間、鼻の下にできる場合もあります。肝斑は、左右対称な形となって現れることが特徴となっており、シミの中でも特に治りにくいのです。そして、肝斑は女性のみに現れます。その理由としては、妊娠や更年期などによる女性ホルモンバランスの変化が原因だといわれています。
紫外線でのメラニン色素活性化によるシミとは現れる理由が異なりますが、紫外線を受けることにより、余計に肝斑の色が濃くなってしまうこともあるので、どちらにしても紫外線には気をつける必要があります。
そして、肝斑はガンコなシミだといわれていますが、実は一般的なシミ取り治療と同じく、レーザー治療が可能なのです。シミ取り治療に使用するレーザーには様々な種類があり、症状によって使い分けますが、肝斑をレーザー治療する際には、刺激の少ないレーザーを使用します。なぜかというと、一般的なシミ取り用レーザーは、肝斑にとっては刺激が強く、肝斑の症状を悪化させてしまうことがあるからです。