自分に合ったシミ取り治療法を見つけて綺麗なお肌を取り戻そう

  1. ホーム
  2. レーザー治療の種類

レーザー治療の種類

ドクター

レーザー治療にはどのような種類があるのか

シミ取りのためにレーザー治療を検討している方は多いでしょう。顔にできるシミは、皮膚の中にあるメラニンが異常に繁殖してしまった部分に現れます。レーザー治療を利用してシミ取りをする場合、レーザーはメラニン色素に直接効果があるため、皮膚自体を痛めてしまうことはほぼありません。そして、「レーザー」には様々な種類があり、パワーの違いなどがあります。
「炭酸ガスレーザー」は、シミ取りだけではなくいぼやほくろの治療にも用いられており、赤外線を当てて皮膚に熱を与えて治療を行います。患部がとても小さい場合や隆起している場合に炭酸ガスレーザーを使用します。メリットとしては、出血が少ないことや皮膚が薄い場所にも使用ができる、そして傷が治るのが早いということが挙げられます。
「YAGレーザー」は、患部の大きさが5mmで、平らなほくろやアザ、シミやソバカスの治療に使用されるレーザーです。レーザーから放出される波長を調整できるので、様々な色のアザの治療にも対応することが可能です。
「ルビーレーザー」は、威力が強いレーザーの為、顔に現れるほとんどのシミ取りが可能です。しかし、「肝斑」(かんぱん)と呼ばれるシミに関してのみ、逆にシミが濃くなってしまう可能性があるため使用できません。
レーザー治療を検討する際に気になることが「痛み」ですよね。実際に施術をされた方や医師の話を聞くと、レーザー治療の痛みは「輪ゴムでパチパチ弾かれる痛みと似ている」と答える方がほとんどです。そして、極端に痛みに弱い方は、相談すると塗るタイプの麻酔などを使用してくれるクリニックもあるとのことです。
レーザー治療を行う際には、治療を行う必要がある旨を診断されたあと、カウンセリングを行います。治療方法の詳細、治療にかかる期間や費用、治療後のケアの方法などの説明を受けます。特に治療後のケアは重要で、絆創膏やテーピングで患部を保護したり、日焼け止めを塗って紫外線から守るようにしたりするなど、医師に指示されたケア方法をしっかりと行いましょう。なお、レーザーで焼いた患部は、かさぶたとなり、1週間ほどでキレイに取れることがほとんどです。しかし、患部の色の濃さにより、何度かレーザー治療を受けなければならないこともあります。